肌タイツの着用はちょっとしたコツが必要です。

肌タイツの着用例

まず、着慣れてない方は座ってください。← これ重要です。

両足のつま先から入れて、シワを伸ばしながらタイツを引きます。適当に足を突っ込むとタイツの伸びに偏りが生じますので、必ずつま先から入れるように。

この時にすね毛が飛び出てきたら、その部分を指でつまんでタイツを引っ張り、パッと離すとすね毛が隠れます。中にパンストを履くというのも手です。

で、股下→胸へとタイツをたくし上げるのですが、この時に胸の谷間オプションが入っている場合、

肌タイツの着用例

中に仕込まれているインナーに、首と腕を通すところを的確にしてください。これ間違えると、途中まで着用できるのですが、ファスナーを上げると首から突然に硬くなり上がらなくなります。

(これが原因で「肌タイツが首からファスナーが上がりませんっ、直してください」とメールをされる方が過去に結構いました(;・∀・))

肌タイツの着用例

足と同様に、腕にタイツを通すときも、必ず手先から。シワを伸ばすように引きます。

指の調整は、写真のように指を握ってピストンするとなじんでいきます。

肌タイツの着用例

タイツを引っ張ったら、自分の脇と肩のシームを的確にセットしてください。

これを忘れると、ファスナーに無理な負荷がはいってしまいます。

肌タイツの着用例

フードをかぶるときは必ず頭を後ろに反ってかぶります。頭を前にしてかぶらないでください。これもファスナーに無理な負荷がはいります。

肌タイツの着用例

最後にファスナーを閉めます。写真のように、首の後ろを反対の手でぐいっと握っておくとファスナーが上がりやすくなります。

 

脱ぐときもこの逆の順番で脱いでください。特に!特に! 頭のフードを脱ぐときは必ず頭を後ろに反って脱いでください。頭を前に倒すと脱げません。

また、脱ぐときには必ず頭から先に脱いでください。腕から先に脱いでしまうと余計にハマります。