あやめタイツの洗濯仕様

  • 手もみ洗いは不要。洗濯機にいれてOKです。その際にネットにいれて洗濯してください。
  • 乾燥は室内干しで。乾燥機は使わないでください。(高熱に弱いです)
  • 家庭の都合上、コインランドリーしか使えない方は洗剤自動投入でないものを。どうしても避けられない場合はあやめタイツ・みやびをご用命ください。
  • クリーニングショップの利用は避けてください。
  • 洗剤は「エマール」「スーパーナノックス(ニオイ専用)」を使用してください。
  • 肌タイツは使用したらなるべく早く洗濯を。放置すればするほど生地が傷んだり、黒カビがはえる原因になります。
  • 黒カビは黒ズミとは全然違うため、たぶん落ちないです。(未検証)
  • 黒ズミも定着時間があるので、早く取り掛かるほど落としやすいです。

 

手先などが黒ずんでしまったら

肌タイツを使用すると特に手先が黒ずんでしまうことがあります。

 原因は

  • 野外にポールや柵を触ったり握ったりした
  • 色移りしやすい衣装を着用した (安い生地ほど色移りしやすいそうです)

などがありますが、知らないうちに黒ずんでしまったという経験もある方がいるかもしれません。

 当店ではあらかじめ、手袋追加オプションがあります。通常の肌タイツの上にその手袋を着用してもらい、何を触れば、あるいは何を着用すれば黒ずんでしまうかという経験を一通りしてから、オプションの手袋を外しいざ本番を望むことをお勧めしています。

 それでも長い間使っていると手先が黒ずんでしまうことがあります。いくつか落とす方法はありますが当店でかなり時間をかけて検証しまして、有効方法を公開します。

 念のため、このページはあやめタイツのみ有効な文書です。他業製肌タイツは有効な文書ではありません。→ これは当店の文責を安全側に倒す意味合いもあります。自己責任でやる分ならいいんですが、あとでウチに「生地が傷みまくったぞどうしてくれる( ゚Д゚)ヌ」というのを避けるためっす。

 一概に肌タイツといっても染色方法や生地の種類などまるで仕様は異なりますから、染色仕様によっては豪快にタイツの色がおちますし、一見うまくいっても、後になって生地の傷みの遠因になるかもしれません。強い効果がある洗剤はそれだけ強い薬品であるので一応念のため。

 

単刀直入に結論かいちゃうと

 最終的な結論は

ライオン スーパーナノックス

 を使えばOKです。結構、今回の検証にめちゃくちゃ洗剤の購入と時間と人件費かけたので是非ともアフェリ協力してくだせー( ゚Д゚)

 こちらの洗剤は、あやめタイツの色を落とす成分が含まれていないことを確認。当店ではずっとエマールを推奨洗剤にしていましたが、スーパーナノックス(ニオイ専用)も推奨洗剤に加えました。

 

あやめタイツ・みやびで検証

 両手とも黒ずみが発生しています。これを塗布放置洗浄します。

塗布放置12時間を3回。これだけ色が落とせました。

比較しやすいよう、←側の手袋のみ塗布放置洗浄しています。→側の手袋は通常洗濯。通常洗濯でも少し薄くなっています。

 今回の検証では完全に黒ズミは落とせないものの、効果はあったことは確認できました。ちなみに黒ズミは時間がたてばたつほど生地に定着してしまうため、黒ズミを発見したらこまめに洗濯することもコツです。