1.当店の生地の色番号を指定するとその色に合わせてもらえる工房様

 当店の肌タイツ生地および参考用塗装レシピを提供しています。

  • もなか工房様 (#2がデフォルト)
  • ズコカン様 (#2がデフォルト)
  • 小沢団子様 (#1がデフォルト)
  • 霧崎工芸様 (#1がデフォルト)
  • とかる様 (打ち合わせして決めてください)
  • キグルミ屋様 (#2がデフォルト)

2.色の指定はできないが、当店との申し合わせができている工房様

2017年9月現在の情報ですので将来変わる可能性もあります。

  • RINS様 ... あやめタイツ#2
  • ぬこパン様 ... あやめタイツ#2
  • ひょっかめ様 ... あやめタイツ#2
  • 造型工房SIGMA様はマスクによって#1だったり#2だったり作品によって異なります。シグマフレッシュでは#1 が妥当ですが、 #2 のほうが合う可能性もあるため、ご相談ください。

色見本

※ 塗装はホワイトプラ板に3回塗り

上記他に当店の肌タイツに色を合わせたい工房様がいらっしゃいましたら、生地サンプル及び調色レシピを差し上げています。ご連絡ください。

 

肌タイツを染色し、すでにお持ちの着ぐるみマスクの色に合わせることはできますか?

 技術的には可能ですが、大変に手間と失敗リスクが高いため原則お請けしていません。

  • 肌タイツの染色よりもマスクの塗装を合わせていただくほうが桁違いに手間が少ない
  • 当店生地は工場染色しているため、一般の家庭染色よりも耐久性が(これも桁違いに)高い

 この観点から肌タイツの染色は避けていただくことをお勧めします。