シームを増やせば増やすほど簡単に肌タイツを作ることができます。しかしながら、ささのセンスはどれだけ肌タイツにシーム(縫目)を少なくするか、重要なこだわりの一つとなっています。シームが少なければ少ないほど、より自然な肌を演出します。

あやめ商店の肌タイツは下記の箇所にシームがありません

肌タイツの腕肌タイツの首元肌タイツの足

おそらく他業者の全身タイツでも、あやめ商店ほどシームが少ない肌タイツは存在しないでしょう。シームの少なさにこだわりを持っています。