着ぐるみマスクの「口開き」に概ね二つのパターンがあります。

一つは上唇が下に向いているもの。

もう一つは上唇が上に向いているもの。当店のマスクはこのタイプです。

ripup_front.jpg

真正面からみれば、どちらの造形も好みで選んでください、、、となりますが、そのまま何も工夫しないで作りこんでしまうと、横顔から見たときにこうなります。

ripup_side.jpg

 あくまでも図式ですので、実際の着ぐるみマスクはさらに作りこんで可愛く調整されるとして、、

 この上唇の位置が重要で、下に向いていると唇の部分(茶色ライン)を表現することができるため、横から見てもそう違和感のない横顔笑顔を表現しやすくなります。着ぐるみマスクを自作される方は「上唇下向型」の方がお勧めです。

 一方「上唇上向型」って横から見ると、「がお~~」という表情に変わってしまうのが弱点です。立体の構造上、上唇(茶色ライン)がへこんでしまうため、横から見たときの唇が"ありません"。ですから、この違和感をなくすためにいろいろ工夫が必要になります。

さて、当店の「あやめ口」では?

 さてさて、「上唇上向型」が特長のあやめ口ですが、こんな感じです。

着ぐるみあやめマスクRU-GA

あやめマスクRU-GAの横顔をドゾ。

着ぐるみあやめマスクRU-GA

実際、横顔の調整は、原型製作の大半の時間を要していたり。

:
:
てなことで てなことで
:
:

 こんな感じで今後「上唇上向型」で、かつ横顔も表情が激変しない口のことを、営業時の利便上「あやめ口」と称しますので、あやめ口って言ったら「ああ、前も横もそう表情が変わらないことね」と察してもらえればばば。(/・ω・)/(/・ω・)/