当店はミーティングルームによる接客、国産生地、型紙の作成、お客様一人につき一人の裁縫担当制、最後にオール国産… これだけ書いても高額コストのオンパレードです。お客様の中にはなぜ、あの金額でできるのか、安すぎない?と言われることもしばしばですが、大きな秘密としては「お客様のご協力もお願いしている」ところもあります。

 というのも、当店の連絡手段はメールのみです。それ以外の連絡手段は用意していません。

  • 「電話やLINE、twitter DMなどリアルタイムの応対」は営業を事務所に張り付けなければならないため、人件費コストが発生します。メール以外の連絡手段は持たないことで連絡のやり取りを非同期にできるため、空いたスキマの時間を有効活用することができます。これによりコストが大幅に下げられます。
  • リアル店舗のように店員を置くことも無料ではありません。当店はなるべくwebページに情報を公開し、お客様にはよくお読みになることをご協力いただくことでコストが大幅に下げています。この公開情報はほぼミーティングルーム内でお話する内容の集大成です。ですので、必ずしもミーティングルームにお越しになる必要はございません。

この辺の工夫やお客様のご協力は、大きく価格に反映されます。ありがたいことにお客様のご協力をいただくことで、今の値段を維持することができています。


 そのため、当店ではメールのやりとりができないと連絡の取りようがありません。しかしながら、迷惑メールの弊害も大きく、この対策に躍起になっているプロバイダもあります。その結果本当に届いてほしいメールも届かない、という事態もしばしばあります。当店のメールも例外ではありません。各キャリアの迷惑メール対策システムも過剰気味になっており、当店も巻き添えを食らって、連絡が不通になる事故が相次いでいます。特に docomo.ne.jp , ezweb.ne.jp , softbank.ne.jp (iphone含む) の携帯3キャリアは不通トラブルの可能性が高く、こちらで送ってもわからない、お客様にも届かないというメールが消えるという現象も確認しています。

 このように、お客様には疎通確認してから取引をお願いするスタイルを取っています。実際50人に1人くらいは何度も疎通確認しているログが残っており、実際にプロバイダの迷惑メール解除を試行されてるようです。

>> メールアドレスの取り扱い(個人情報の扱い)について