亀有マンションの耐震工事

 ということで細かい資料がウチのポストに入っていますた。

 もともと、ウチも新テナントに引っ越しするきっかけでもありましたが工事内容が細かく記載。具体的にはウチの部屋も工事の一部で工事期間、部屋の一部が占拠されることが書いてありました。

 占有面積の影響はなくてよかったと。下手すると壁とか厚くすることで部屋がさらに狭くなるのかなとか、ウチの部屋特有の地下室も使えなくなるとか、、だいぶ杞憂でしたの。

 ただ、工事期間中、数か月、下手すると1年近くもマスク製造が全くできなくなるのは避けられません。なので営業を続けるためにも今回のテナント引っ越しはどっちみち避けられなかったですね。

 うちだけの話じゃないけど、賃貸にしても分譲にしてもマンションって大規模修繕工事は避けられないから、なんらかの事業するときはこの辺のリスクも考慮する必要があります。

 てなことで、これからここの亀有マンションも大規模修繕が終われば、新耐震基準になるのでフラット35とかも使えるようになり、マンション価値が上がるのは確実なのでしばらくは売り買いが活性化するかもね。