3Dプリンタ

ウチも常にウオッチ状態で、3Dプリンタはいずれ導入するとは思いますし、その予算も常に確保しています(;・∀・)

結構3Dプリンタは着ぐるみ業界でのイノベーションと結構いろんな人にささやかれてますが、、、、じゃ、アナログ作業のFRPはっていうと、その作業時間をちょっとだけ公開しちゃいますね。

  • まず原型作成 ... 新作一つにつき1日。
  • 原型から殻を作成 ... 1日。

なので原型から新作の殻までまる2日あればできちゃいます。

  • 殻から素体抜き ... 1.5時間/1個あたり。

実際は放置時間や硬化時間などもあるので、それで時間はかかっています。当然その間、違う業務をしているわけで。

殻は一回作ると数十発打てるので、素体一発につき1.5時間で打てることになるわけです。

この時間内に作業が終わらせることで、現在の価格維持ができています。作業が終わらないからといって超過分をお客さんに請求できるわけがないため、ここは少しずつ自分らへの利益が減っていくわけ。結構シビアよ。

なので3Dプリンタでほぼ同等の時間ができ、これよりも効率がよくなると踏んだ時が当店の導入時期ですね。

 

ちなみにちなみに、、、初めて着ぐるみを作った時の時間はというと、

  • 原型作成 ... 新作一つにつき6ヶ月。
  • 原型から殻を作成 ... 2週間。
  • 殻から素体抜き ... 3時間/1個あたり。

でした。もう10年もやってれば作業効率も温度コントロールも職人技になるわけで...