あやめ商店の一番長い日

 5月のスケジュールは過密を極めました。大阪ミーティングにあやめ商店の事務所引っ越しと、アニメノースの出席。パネルセッションを発表するための下準備と同時に引っ越しのため準備。二重スケジュールはさすがにきつかった(;・∀・)

で、5/23。あやめ商店の一番長い日。

5/23 8:30くらいから事務所移転のため引っ越し開始。

荷造りは3日前から始めていたため、今日は最後の運びだしのみとなります。特にトラブルなく順調に運び出し。

2時間後にはすっかりと空っぽに。で、新事務所に荷物の運び入れ。

で13:00には終了。メシを食う暇もなく羽田空港へ。到着したときにはチェックインや荷物検査など様々な手続きを済ませたころにはもう飛行機に乗り込み。

12時間のフライトです。

かなりグロッキー_(:3 」∠)_

日付変更線またぐから、1日が48時間になっているもんで、あやめ商店の一番長い日。物理的にまんまやん。

 

 

 

だばだば

 

 

 さて、ここからの文章は帰国後の話です。今回一番のカルチャーショック話。

 「着ぐるみさんと1日デート」というパワーワードに反応する人もいるかもしれません。自分(あるいはパートナー)が着ぐるみ姿になって、1日中いろんなところにデートするというシチュエーション。とてもでないけど日本ではありえない話。故に憧れる。

 しかし、アメリカ・カナダなら、それも実現できるかと思われ。そんな今回のカナダ旅はそのカルチャーショックを受ける旅でもありました。

 公園でBBQやボウリング、ナイアガラの滝にも行ったけど、その気になればフル一日全部着ぐるみのままでいられる(さすがに34℃とかあったのでオイラはあまり着用しなかったけど)。もう少し気温が低かったらできたかも。お店のハウスルールで「セキュリティの理由で素顔を見せろ」というハウスルールがない限りは基本的に自由。アニメノースのようなイベントはもちろん、公道、公園、ボーリング場、すべてにおいて自由。咎める人どころか、その場にいた通行人、クルマも止めてすら友好的に写真撮らせてといわれる。どこ行っても写真撮られまくり。アニメノースは囲みまではなかったけど、少し歩くとすぐに誰に捕まるという感じでした。

 日本と違うなぁ、と思ったのは皆さんカメラをフロントにして、ツーショット写真を撮るんですよね。

 日本ではとてもそこまで写真撮られることはないので、え、私こんなに写真撮られてるぅという感じでなんていうか承認要求の満たされっぷりがヤヴァイ。かなりヤヴァイ。さらにいうとカナダだとオイラですらスリムの領域になるから、もっとヤヴァイ。(1週間で2kgふえたケド)。

 通常日本ではどこもかしこも基本的に許可が必要なだけに、その国の違いに慣れるのが逆に大変でしたね。特にオイラなんて古参もいいところなのでギャップの差はなんていうか、もう。

 自由な国というのはこのことなんだなぁ。

 アニメノースのパネルセッション。すんごい緊張していたけど、ちょっとした、、、いやいや、会場にて、すんごいトラブルがあって、もう中止かなぁと諦めかけていたけど、30分してセッション再開OKが。この一件で緊張がぶっ飛んでしまい、普段よりも3割マシで動いていました(;・∀・)ノシ


 で、帰国直後、事務所再開に向けて荷解作業中。全然終わらねぇ...._(:3 」∠)_

 …ちなみにちなみに今回の旅費は1週間であやめ娘2つ分くらい。来年も行くかどうかはちょいと未定、、、でも行っちゃいそうな気がする。(カナダロス状態)