画像無断使用されないために

 着ぐるみではあんまり無断転載されることはみかけないのですが、

  • ゼンタイ
  • 肌タイツ(だけ)
  • コスプレ衣装
  • ラバー

など画像を無断転載され、「私の画像を無断使用されています。やめてください!」というツイートが結構流れることがあるのですが、たいていそのような方はクレジットが入ってないケースです。転載されるのがイヤな方は画像の中にクレジットいれておきましょう。

 特に上記の4衣装は特に注意しないと、ほぼ確実に無断で商品カタログに使用されます(もはや断言)。それだけならまだしも、無断使用された方が有名な方ですと、「届いた商品と写真が違うぞ!どうしてくれる!」と、クレームが画像転載された人へそちらに向かれる可能性(※)もありますし、グルだと思われてもシャレにならんです。 ※すんごい過去の話で、記憶のかなたでそういう話は1,2件はみたけた気がしたけどもう探せられないため、可能性という話にとどめておきます。

 ただ最近はクレジットを入れても画像編集で「消す」輩も増えていますので、絶対に防げるわけではありませんが転載されづらくなります。要はウチのは使うな、他所にあたってくれ、という表明です。ここではクレジット表記をいじりづらくする簡単な方法を書いておきます。

 クレジット表記を並べれば並べるほど編集で消しづらくなります。しかし、どんどんクレジット表記が自己主張してしまうジレンマもあるため、ウチはこうにしてます的な参考として見ていただければ。

1. クレジットは真ん中におく

クレジットは端っこに置くと簡単に消されます。ほぼ意味はありません。

2. クレジットは被写体に重ねる

ここからクレジットを消すのはかなり困難になります。ただ、そのままだとクレジットが目立ってしまうので、

3. クレジットは半透明・近似色にする

ここからがコツです。半透明にすると消す作業はやたら難しくなります。また近似色にすると色の境目がソフト側で判別しづらくなるため、より困難になります。薄く半透明にすればクレジットも邪魔にならないように工夫できますし、無断転載側の画像加工、つまりクレジットを消すのはぶっちゃけ超めんどくさいです。画像転載したいなら、めんどくさい画像加工するよりもさっさと他所にあたるんじゃないかと。

… この辺が当店でやる対応ですね。ただ、やるやつはやりますし、やられるときはやられます。実際あからさまにクレジットを消した、、というよりもモザイクをかけてオークションに画像転載しているケースも見かけていますし。

 

ここからは中国の話だけど

 ここからの話は当店も検証してなく、人聞きレベルなので「こういうのもあるよ」的なハナシですが、中国人に画像転載されたり、コピーされた場合はtabaoとかalexpressとか中国サイトの出展業者に苦情コメントを書くという手があります。もちろん証拠などを用意しておいたほうがよいでしょう。

 中国って個人に対する信用スコアがどんどん重要視されており、こういったコメントにも影響があると聞きます。信用スコアがどんどん下がると、コンビニで買い物すらできなくなるそうで。

 なので出展者への苦情コメントはダメ元で苦情を申し立てるのもいいかもしれません。ただ、最近は日本のオークションやフリーマーケット系のサイトなどは超のんべんだらりで放置プレイもいいところで、というかわざと管理してないんじゃないかと思うくらい対応しないため(怒)、その事情を熟知している業者は中国本土ではあえて出展せず、日本にだけ出展するとか。いずれ数年後にサイトの信用スコアもつくんじゃねかとも思うんだけどね…

 ※ この辺の情報お持ちの方いましたら教えてください。