カメラを買ってしまった。

法人化するまで控えていたのは備品機材。特にカメラはいつしか交換したいなと思っていただけにようやく買いなおしました。

お世話になりましたD3200。

これからよろしくねD750。

 

 

だばだば

 

 

私自身当時(5,6年前)はこう考えていました。

『スマホのカメラでも十分、HDRやらAIで綺麗にとれるじゃん。』

と。

そんなオイラが今、手元によもやまフルサイズのガンレフがあるとは思いもよらず(笑)

 

これがスマホのカメラ。ちなみにCosmoCommunicatorのカメラ。カメラ機能重視型ではないけど、日本はまだ未発売のスマホなので最新といえば最新。

 

しかし、スマホのカメラだとどうしても光の量が足りないので最低限コンデジだけでもと買ったのがパナソニックDMC-LX9。その後、間もないうちに一眼レフ買わない?とツイートを見かけてしまったのが最後。

 

で、ニコンD3200を手にしてからというもの、3~4年は使いまくることに。で、このときはまだ気づかなかったけど、カメラの感光体が広くなるほど広角レンズがよりゆがみやすくなってまう。LX9を購入した理由もコンデジの中でもっとも広角レンズだったから、という理由。だって部屋が狭くても全身とれるからね。

でも、広角レンズで被写体に近づくほど魚眼になりやすくなってしまうことを後々になって知ることに。


 

そして、ついに手にしてしまった。フルサイズボディのニコンD750。この時のレンズは24mmのもの。明らかにマスクの雰囲気が肉眼で見たときに違いがようやくわかるようになる。

もともと当店の着ぐるみマスクって結構丸っこく作ってるんだけど、ゆがみのことが全く知識になかっただけに縦に引き伸ばした様な雰囲気の写真ばっか量産していて、なんか変だな…?と思っていたんだよね。

 

最終稿。75mm。もっとも肉眼でみたときの雰囲気に近いもの。

「あやめ商店さんの着ぐるみマスクって写真よりも実際に見ると全然違いますよね?」

とお客さんによく言われたけど、ようやくその意味を理解したわけでございまして(´・ω・)