ハーフアップの仕様が変わります

ウィッグの加工の一つにハーフアップがありますがこれの仕様が変わります。

具体的には2019verのウイッグのみ対応という形になります。

旧ウィッグでもハーフアップはありましたが、旧ウィッグの特性上髪の量がそこまで多くなかったため髪の毛を束ねるのは一苦労でした。

2019verではかなり髪の量を増やしています。いろいろなバリエーションの髪型が格段にやりやすくなっています。


ハーフアップ(harf_up) 2019ver

  • ハーフアップを選択すると上写真での左右の頭部を未加工にし、固めません。
  • この自由になった両端の髪を使って結うことができます。
  • 髪の長さは後頭部と同じになります。つまり、ロングならばそれに合わせます。ミディアムより短い髪は後ろに結うことはできなくなります。
 

ハーフアップ例(harf_up)

  • こんな感じで髪を結うことができます。(髪型を結うのではなく、お客様側で結うことになります)
  • 女子力が試される髪型です(笑)。