全身タイツ・肌タイツの縫製品質の見分け方

 他業者で安い肌タイツを買ったけど、2,3回着ただけで破れてしまった。しかし、あやめ商店の肌タイツを買ってみたら全く強度が違うことに驚いた、なんていう声も聞きます。

 肌タイツの重要な要素に、どれだけ動き回っても糸がほつれず、ピッタリフィットしつづけるかがあります。

 着ぐるみの肌となるベースの下着ですから、そこにはユニーク性、デザイン的な個性は必要なく、ひたすら機能と耐久性が求められる衣装です。肌タイツには肌タイツ専門に特化した縫製技術が必要です。右の写真(脇下を裏返した縫い目です)をご覧ください。

 コスプレ衣装等、通常の衣服は体を密着させて着るものではありませんから、そこまでクオリティは必要しません。しかし、肌タイツは次元が違います。 普通の衣服と違い、人間の体と生地の密着が100%です。余裕が全くありません。人間が体を動かした時の糸の負担がダイレクトにかかります。ですので、もっとも強い裁縫が必要でありながらも伸びるところは伸びるようにという一見矛盾する縫製が要求されます。地道なクオリティですが、あやめ商店は妥協しません。