とりあえずでいいので肌タイツを
注文したいという方はコチラ

(価格は本ページに記載しています)

 あやめタイツ

 あやめ商店といえば肌タイツ。お客様に認められたブランド「あやめタイツ」を受注しています。着ぐるみが初めての方はコチラもどうぞ。

… ご注文の流れはこんな感じです …

STEP.1 まずはフルオーダメイドか、固定サイズか選ぶ

採寸

フルオーダメイド

20か所以上の細かい採寸を元に型紙から起こして製作します。採寸は一人でも正確に測れるようビデオも用意しています。一度採寸したデータはリピート注文の際に再利用できます。

固定サイズ

2014年からの採寸ビックデータと、独自開発したサイズ計算ソフトウェアの組み合わせ。5種類の身長別と、痩せ・標準・ふくよかとそれぞれ3種類、合計15種類(+2種類の女性用)のサイズ表に分類しました。

>> あやめフィックス(固定サイズ)

STEP.2 生地を選ぶ

タグ

 あやめタイツにはいくつかの生地が選べます。

  • あやめどーる…「美しさ」を極めた肌タイツ。現在のフラッグシップ生地。
  • みやび…「使い勝手」を重視した肌タイツ。強耐性生地でマジックテープも弾く、厚みのある生地。
  • くるみ…2mm厚の厚手生地。手の血管やゴツゴツした腕をソフトな感にする生地。
  • たくみ…生産終了。残り店内在庫のみ。
  • パンスト生地…ストッキングのように透けるタイプ。着ぐるみ用としては向きません。ゼンタイ向け。
  • その他 既成生地…肌色以外の特殊な色が欲しい方向け。

生地選びのコツもご覧ください。お客様のご希望に合った生地をお勧めしています。

STEP.3 生地を決めたら利用目的を選ぶ

着ぐるみさんが2人着ぐるみ用肌タイツ用として

ほとんどの方はこれでしょう。透けにくく、白飛びしにくい調整をします。室内でも晴天下でも光の強さで色が飛びにくく、さらに気になる中のヒトの体毛も隠ぺいします。

ささタイツ・たくみ全身タイツ・ゼンタイ用として (あやめどーる・あやめタイツ・たくみ対象)

ゼンタイ目的として着用重視に調整をします。 着ぐるみ用肌タイツと比べ、ゼンタイ嗜好者にとってより深い味わいが得られるよう最適化します。顔を開けることもできますので、着心地重視の肌タイツもできます。

ルームウェアルームウェア・防寒インナーとして

あやめタイツをいつも着用したい方、肌タイツの中に着用する防寒用インナーも承ります。フードなし、手袋なし、足はかかとまでです。

STEP.4 色を選ぶ

生地

 あやめタイツ・たくみでは肌色3色のほかに白・黒が用意しており、またオーダメイド染色もできます。また、念のため染色に発がん性物質が含まれていないかも確認済みです。詳しくはコチラをどうぞ。

STEP.5 さらに細かいオプション等を選ぶ

首シワ軽減加工 のどぼとけ対策

男性にとって気になる喉ぼとけ。ある人ない人バラバラです。喉仏がある方は「のどぼかし加工」を。ない方は「首シワ軽減加工」をお勧めします。

隠れるファスナー 選べるファスナー

あやめタイツのファスナーは「伸びます」。背中に手が回せない方にも。

 

>> さらに、さらに、 オプションがございます。

ここからはYoutubeビデオによる、解説もございます。

youtubeへ
(youtubeへ外部リンク)

STEP.6 ご注文・採寸

着ぐるみOL

 ある程度注文の方針が決まりましたら早速オンライン注文しましょう。

 wakaba.pngコチラのページより注文の流れがございます。

 ちなみに気になるお値段は本ページ一番下記に記載しています。

STEP.7 型紙製作

 さて、ここからはお客様の手続きから当店の製作に移行します。

 dekiai.jpg

従来の販売では『フルオーダメイド』とはすでに出来合いの全身タイツを、

  • 腕は+3cm
  • 胴回りは+5cm
  • 足は+8cm

と、長さを「むりやり」調整して生産することを指します。タイツの生地自体伸長しますから、多少つぎはぎな作り方でもみばえではわかりません。しかし、どこかに必ず無理がかかってしまいます。

 着ぐるみOL 

 しかしながら、当店は一人一人のお客様に、型紙(パターン)から起こしています。肌タイツの設計図ですから、この手間とコストはより完璧なフィットに必要なのです。

STEP.8 製作

 着ぐるみOL

 従来の工場ですと

  • 「腕だけ」作る担当者
  • 「首だけ」作る担当者
  • 全部のパーツを組み合わせる担当者

というように分担して生産しています。単純作業で、誰でも簡単に覚えられるため人件費を安く抑えることができます。しかし、この方法ですと誰かが多少のミスしたとしても不正品がわかりません。さらに肌タイツは生地が伸びますから、無理くりつなげることでみてくれはわかりません。つまり、ハズレがどこかに紛れ込んでわかりません。

 当店は1人のお客様につき、1人の担当者が付きます。

 職人への人件費も学習コストも非常に高くなりますが、ミスした箇所などはすぐに明確にわかりますし、責任も自覚します。完璧な品質を追い求めるためには妥協できない責任とコストです。

 さてさて、気になる料金ですが最低価格は19800円~、ゼンタイ目的で購入される方は24000円~26000円、肌タイツ目的で購入される方は24000~30000円くらいと概ね依頼したい作業量によって変わります。いずれも参考価格・税抜です。詳しい見積もりは、お取引ページを請求してください。すぐに仮見積もりがわかります。

 実際イニシャルコストは決して安くはないでしょう。しかしながら、お客様側もその費用に対する寿命、つまり、どのくらいコストをかけて寿命があるかというのも重要視されます。昔から安かろう悪かろうということわざがあるようにいくら安くてもすぐにダメになってしまうと、結局高いお買い物になってしまうこともご存知かと思います。

 その点当店のタイツは大変に長い寿命を持ちます。メーカー側では2年としていますが概ねのユーザーは4年くらいは使用されているようです。長い方ですと5~6年、中には10年愛用されている方もいらっしゃいます。

 当店としても、末長く使えるように

当店の肌タイツのコスト > 他業者の安い肌タイツによる、寿命による買いなおすサイクルコスト

 になるよう設計しています。

 コチラのページもどうぞ

肌タイツの足 縫い目極小、美しい肌に

当店ほどシームが少ない肌タイツは存在しないでしょう。

全身タイツ・肌タイツの縫製品質の見分け方 縫製品質の見分け方

長い寿命を持つ理由。

アフターサービス アフターサービス

納品後のアフターサービスはこちら

STEP.9 検品

着ぐるみOL 

縫い終わりますと検品があります。一着一着糸に脱落がないかどうか確認します。これも縫製職人とは別の担当者がつきます。いわゆるダブルチェックです。

STEP.10 できあがり

 手袋

 こうして出来上がった肌タイツはお客様のご連絡の後、納品となります。出来上がった手袋写真もご覧ください。このように一つ一つオーダメイドで製作すると、指の太さまで最適化していることがわかるかと思います。

 コチラのページもどうぞ

肌タイツにシワありません 完全にフィットした手袋
タイツが手首にピタっとまとわり食いつきます。

 

とりあえずでいいので肌タイツを注文したいという方は → コチラ

細かいところも含めて肌タイツを注文したい方は → コチラ

直接スタッフと会って打ち合わせしたい方は → コチラ


納期はコチラ / ご注文・お見積りはコチラ / 製品別色見本はコチラ / 肌タイツのオプションはコチラ